答えをつくるデザイン、明日をつくるデザイン。

答えをつくるデザイン、明日をつくるデザイン。

  • アートディレクター
  • 久保 一也
  • 2015年入社 デザイン専門学校出身
思考と感覚だけを頼りにせず、
本質を読み解く。
中途入社で、これまでに4つのデザイン会社を渡り歩いてきました。どこもデザイナーばかりの会社だったので、営業企画やプランナー、ディレクターなど、それぞれの特性を結集させて仕事に関わっていく今は、クリエイティブに専念できる環境があります。アートディレクターに求められるのは、クライアントの課題や要望に対して、デザインでどう答えを導き出すか。“カワイイ”“カッコイイ”といった表層的な部分ではなく、まずは本質を徹底的に読み解くところからはじまります。デザインに落とし込む部分では自分の思考と感覚を頼りにもしますが、最初からそこだけで勝負していると、“いいデザイン”にはなっても、“効くデザイン”にはならない。何事も、本質を見つけることがスタートだと思います。
世に放たれたデザインが、
次の機会を生む。
入社してすぐに担当したのが、京都にあるモール型商業施設のリニューアルプロジェクト。競合プレゼンを勝ち取り、ビジュアルからイベント、プロモーションまで関われた大きな仕事でした。その後、「あのリニューアルを手がけたのはどこの会社?」と話がめぐり、指名発注が連続することに。いろんなところで評価されるうれしさを実感するとともに、その評価以上のものを生み出さないといけない状況に、興奮すら覚えました。まさに、自分たちでハードルを上げつづける感覚。“これでいい”ではなく、“これしかない”と思えるところまでクリエイティブを研ぎ澄ませられるか。アートディレクター冥利に尽きる仕事は、今も続いています。
AD.WALKの枠を、ハミ出す。
両親がデザイン関係の仕事をしていたので、小さい頃からデザインに親しんだ毎日でした。そんな自分がアートディレクターになったのも、もはや血筋かなと(笑) ほんと、デザインは体の一部であり、皮膚のようなもの。さらに一皮むけた存在になるためにも、まずは自分からデザインの枠をハミ出していきたいと思っています。グラフィックだけにとどまらず、CMや映像といったコンテンツをデザインしたり、空間をデザインしたり、行動をデザインしたりと、その領域をボーダーレスにすること。そして、商業施設以外にもクライアントの幅を広げていくこと。AD.WALKのノウハウを活用しながら、AD.WALKの枠をハミ出し、AD.WALKを強くする。これも、“明日をつくる”というデザインなのかなと。

MESSAGE

自分もまだまだ負けるつもりはありませんが、若いスタッフが多く、活気と野心にあふれた環境だと思います。海外ロケをはじめ、さまざまな現場にも携われ、感性を錆びつかせる方が難しいほど。クリエイティブへの志だけでなく、ジャイアントキリングな精神も、ひと泡ふかせる気概も大歓迎。ぜひ一緒に、いろんなデザインで世の中を沸かせましょう。
  • NEXT
  • BACK